損害を出さないようにFXを

損害を出さないようにFXを

FXとは通貨取引をすることにより利益を得る方法で、正確には外国為替証拠金取引といいます。 小額からでも大きな投資ができるということで投資の初心者に人気の取引なのですが、FXもやり方を間違えてしまいますと当然リスクが発生しますのでそうならないようにするためにもリスクを常に気にした取引をしてもらいたと思います。 まず大事なのは無理なレバレッジをかけないことです。 少ない金銭で大きくかけられるのがFXのレバレッジのメリットですが、損害もそのレバレッジによって大きくなりますのでそうならないようにするためにもまず最初はレバレッジをかけずに一倍からしたほうがいいかと思います。 もちろん少ない金額でしかかけられませんので利益が出てもそれほどの収益にはなりません。 しかし一般的にFXというものは最初のうちはなかなか要領をつかむことができませんのでなかなか利益が出ないのだそうです。 ですので要領をつかむまでは小額で取引をしてください。 もしも損害が発生してもレバレッジが低ければ大きな損害にはなりません。 そして何度でもリベンジをすることができます。 とにかく最初のうちは損を出さないようにする事が大事です。 そしてさらにリスクカットのルールを定めてもらいたいと思います。これは初心者のみならず、ある程度ベテランの方でも絶対にしていることです。 どれだけ経験をつんだ人でも予期せぬ値動きをすることがあり、その結果含み損が発生することがあります。 含み損とはまだ決算をしていないので損害が確定していない損の事を指します。 そのときに二つの選択を迫られることになります。

続きを読む(損害を出さないようにFXを(2))

News

  • 2012/12/26: バイナリーオプションに関してはこちら → バイナリーオプション
  • 2012/7/16: 全面リニューアルしました